FC2ブログ
  JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

日曜日の音楽

潘昊(香港)

 2009年1月18日、日曜日の午後、山口先生と高田馬場管弦楽団(アマチュアオーケストラ)の演奏会に行きました。曲目はシャブリエの管弦楽のための狂詩曲「スペイン」、モーツァルトの交響曲第39番、サン=サーンスの交響曲第3番でした。

 その日、演奏会が始まる前に、ロビーで楽団員と聴衆が丁寧に挨拶していました。
 私は人々が何を話しているのかあまり分かりませんでしたが、雰囲気がいいと思いました。音楽が大好きな私にとって、この気持ちは久しぶりです。私もニュージーランドの大学を卒業するまで楽団員で、演奏会をたくさん経験しました。ですから、この日曜日の演奏会の雰囲気から、いろいろなことを思い出しました。

 いよいよ開演時間になりました。指揮者の川瀬賢太郎さんがステージに登場し、コンサートが始まりました。楽団の音がきれいだと思いました。楽団の中のコミュニケーションもよく表現されていました。演奏の時は、もちろん口では話さないで、目と目でコミュニケーションしたり、耳を使って、他の団員の音をよく聞いて一緒に音楽を作っていました。それに川瀬さんの音楽の解釈がおもしろかったです。音楽の解釈というのは譜面を勉強して、作曲家の真意と曲の意義を演奏者の自分の方法で演奏するということです。川瀬さんは解釈のやり方が細心で、曲の細かいところまで用意して、音楽の色を出しました。それで私に新鮮な感じをくれました。この演奏会は全体として成功だったと思いました。楽しかったです。

(JET通信58号 2009/06/11)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード