FC2ブログ
  JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癖をなおせ!

2011 JET日本語学校 スピーチコンテスト 最優秀賞」


李 傳慶(台湾) 


 皆さんは日本で生活する中で、日本人に「外国人」と思われてすっごくくやしかったことはありませんか。電話で本屋やレストランや旅行先などを予約するとき、外国人だと思われて、対応が悪かったり、腹立たしい思いをさせられたことがありませんか。私にはあるんです。

 去年3月、私は日本に来ました。その時、私の日本語はペラペラじゃないし、そしてひどい韓国語のくせがついていましたから絶対日本人に外人だと思われました。

 そして、時は流れ、7月のN1能力試験に合格しました。私は、合格したので、少し自信もできて、先輩の勧めで、ある銀行の口座を作りに行きました。しかし、そこの係員はたくさんの契約書と説明書を私に20分読ませ、その後、私を試すような態度で質問しました。「本当におわかりになったでしょうか。もしおわかりにならなかった部分がございましたらお手続きができませんよ。」と言いました。
もちろん私は、「わかりました」と返事をしましたが、その人はまた「こちらのページは複雑ですが、おわかりになったんでしょうか」とたたみかけました。 私は、それを聞いた瞬間、頭にきて、初めて日本人に怒りました。日本語で怒りました。最終的に、その人の上の人が来て解決しましたが、この件で私は、「発音がきれいじゃなければ日本人は私たちの日本語を上手だと思ってくれない。日本人みたいとは思うわけがない。」と痛感しました。

 そのようなことがあって私は自分を変えようとしたんです。「発音を直せ!」と自分に誓い、半年間長い戦いをしました。毎日学校でたくさん話して、先生方にたくさん間違いを直してもらいました。そして家では自分で話した言葉を録音して何回も何回もリピートして聞きました。どんどん自分の癖に気づき、よくなってきました。

 そうして私の日本語の聴く力と話す力が少しずつついてきました。しかし、それとともにまた、気がついたこともあります。日本語はあいまいな言葉です。発音やアクセントだけ注意しても日本人らしくなるわけではありません。実はそのときの気持ちや文化を十分理解していなければ「日本人らしく」表現することができないと気がつきました。

 例えば、日本人と話すとき、「あいづち」を使えるのは大事なことです。話しているときに、「へえ~」とか「そうですか」「なるほど」と言うのも大事なことです。でも、このまま言うのではなく、気持ちをこめて「へえ~」「そうですか」「なるほど」「それはいい」というのがポイントです。上手くできないと、日本人に誤解されるかもしれません。だから、ちゃんと気持ちと態度で表すのです。それこそが日本人らしく日本語が話せるということなんです。

 以前、金先生が日本語、台湾語、中国語、英語を話すときにどうやって言葉を切り替えるか聞いたことがあります。金先生には頭の中にスイッチがあるそうです。私も私なりのスイッチの切り替えをします。例えば、私は落ち込んだ友達を励ますとき、中国語で「加油、没關係」韓国語で「괜찮아, 힘내!」日本語で「がんばれ!」と言います。実はこの3つの言葉の意味は微妙に違います。でもこれを使うとき、私は台湾人、韓国人、日本人の気持ちになって話しています。最近、それにようやく気がつきました。もしかすると、話すときの人格も違うかもしれません。

 みなさん。私が今日、話したいことは、この二つのことです。まず、日本人に聞いてもらうために発音をなおしましょう。そうすると、もっと日本人や日本語を知ることができます。日本人の気持ちや文化をもっと知ることができます。発音をなおして、日本人と心の会話をしましょう。ご清聴ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。