FC2ブログ
  JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

もう一歩近づく

白 基煕(韓国)

 通信大学に向かっている私は半分はわくわくして、半分はドキドキしながら傘をさして歩いていた。粟野先生に誘われた時は軽い気分ですぐ引き受けてしまったのだが、私の多読クラスでの経験を、多読研究会のセミナーでスピーチすることになっていたのだ。会場に入って五十人ぐらいの人の中で座り、ちょっと神経質になって先の人の話を聴いているうちに、私なりに用意した内容をいよいよ忘れてしまい、さらに緊張していた。それでも私はせっかくの機会だから、頑張って、思い出せない言葉はカンニングしながら私の話をよく伝えるようにした。良かったのは、皆暖かい視線で、私の失敗しながら言う話を相槌を打ちながらよく聴いてくれたことだ。それに勇気をもらって無事に終わらせた。それが日本で初めての日本人の前でのスピーチだった。一生忘れないだろう。

 帰りの電車で、もうすぐ一年半を迎える日本の生活についてじっくり考えてみた。日本に残って勉強を続けることにしたものの、止まらない心配が頭にいっぱいで、一日もその心配から逃げられない。今新しい仕事を探しながら一人暮らしをしている夫の心を推し量ると胸が苦しくなる。

 子どもの入試もあるし、私が目指している大学院の高いハードルもある。日本に来る時の予想より全ての事情が大変になって、終わりが見えない。このような状況にもかかわらず諦められない自分が嫌い。すべてのことが混ざってつらい。それなのに、スペースデザインをする時に必ず必要な、設計図を書けるキャドというプログラムを夏休みに独学し始めた。本を買って、読んでも分からないことはインターネットで探しながらやっているが、うまく進まない。今日もそうだけど、私の考えるとおりにうまく描ける日を思いながら、あきらめそうになる自分を励ましている。

 通信大学に向かって歩いていた時の自分のように、半分わくわく、半分ドキドキしながら、夢の実現に向けてもう一歩近づこうとしている。そして今日も、成長していく自分を笑顔で見守っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード