JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

何事においても挑戦しないと何も得ることはできない

金 鍾大(韓国・08卒)
株式会社 楽天 内定

 私は2006年から2008年までJET日本語学校(以下JET)に在籍していた金鍾大と申します。

 ひらがなすらわかなかった私をこのように成長させて下さり、感謝の気持ちとともに常にJETの学生であったことを誇りに思っています。6か月間のJET基礎クラスと1年6か月の進学クラスでの体験は、私の日本における生活において、最も基本的な心得として位置づけられています。さらに、慶應義塾大学に入学したその日から現在に至るまで、これからは内定先の楽天で働くことにおいても、JETでの生活から学んだ自分への戒めを徹底的に守り続けていきたいと思っています。


 震災の影響で長引いた就職活動(以下就活)ではありましたが、私は今年の4月に楽天という会社から内定をいただきました。今自分の就活を振り返ってみると、最も大事なことは、自分の弱みや強みを探り、弱みに関してはこれからどのような工夫をし克服するのか、また強みにおいてはどのようにしてより活発に活かすかを言葉で上手く表現することであると思います。

 JETという学校は、韓国では進学校としてよく知られていますが、私はそれだけであるとは思いません。なぜかと申しますと、JETという学校を通じ、若干大げさな話になるかも知れませんが、自分の中では、生まれ変わるチャンスを与えていただき、今まで歩んできた自分の人生を省みる機会とともに、さらに日々その改善策を練る機会となったからであります。このようにJETの生活から得た常に反省し、改善する自分の仕組みが、就活においても現に実に結びついたので、日本という外国での生活の第一歩としてJETを選んだのは卓越した選択であったと今でも思っています。

 最後にこれをご覧になっているみなさんに、おこがましいですが、私があえてアドバイスするならば、何事においても挑戦しないと何も得ることはできないから、チャレンジして、一度取り掛かったものに関してはとことん頑張りぬいてください。JETの先生方は覚えていらっしゃると思いますが、私も実は英語があまりにも苦手でありました。しかし、そうであるにもかかわらず、しいて社内公用語が英語となっている楽天に就職先を決めました。私が2006年、JETにはじめてきた時の、右も左もわからない環境で0から挑戦したように、さらなる自分の新たなチャレンジからまた成長できる、絶対に得られるものがあると思ったからであります。みなさんもぜひチャレンジしてみてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード