FC2ブログ
  JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

お名前は?

2012 JET日本語学校 スピーチコンテスト 優秀賞」


張 仕穎 (台湾)


 皆さんが日本へ来た後、初めて会った人にどんな質問を聞かれましたか?「お名前は何ですか?どこから来ましたか?今はどこで勉強していますか?」など、いろいろな質問を聞かれたでしょう。質問の内容は相手によって違いますが、その中で絶対聞かれる質問は一つ、「お名前は?」。

 そうですね、我々人間にとって他の人と付き合いたいなら、最初相手の名前を聞かなければなりません。名前を知らない上で、次の会話はなかなか進められないでしょう。たとえば、友達を食事に誘いたい時、

 「あなた、今お腹が空いていますか?私と一緒にご飯を食べませんか?」
 「あなた、何を食べたいですか?」

二人称を使って話すと距離感があって、雰囲気も変になってしまいます。


 それに対して、名前を適当に使えば相手との距離が短くなります。
 さっきの会話をもう一度想像してください。もし次のようになれば、

 「ナミちゃん、スピーチ大会終わった後、僕と一緒にご飯を食べない?」
 「ヤだ」(客席からクラスメイトの声)

そうですか…。やはり、断られてしまいましたね。
しかし、皆さん感じますか? こういう風に会話がもっと自然になります。


 でも、名前は単に人を識別するための名詞だけではなくて、もっと深い意味があります。名前を作った人は、その名前を使う人に対しての期待を名前の中に含みます。それはどういう意味でしょうか?
 一番理解しやすい例は、私たちが生まれた時に、両親から作ってもらった本名です。自分の子供に対しての期待をよく考えて、その思いを含む名前を子供に付けたいという気持ちは、どこの国の人でも同じではないでしょうか?
 また、私たちが学校や会社に入り、いろいろな人と付き合った後、新しい名前が出てきます。それは「ニックネーム」です。自分で作るニックネームの場合がありますが、友達に作ってもらうニックネームが多いと思います。


 今年、私はAクラスに入って、新しい友達ができて、新しいニックネームも期待していました。「いったい、今度はどんなニックネームをもらうか?」と毎日考えていました。そして、約一週間後、新しいニックネームができました。しかし、それは、「不器用」でした。

 そう、「不器用」です。

 本当に衝撃を受けました。でも、それだけではなくて、毎日私は朝から「あ、不器用な男が来た」「またお前?不器用!」「不器用、窓から出て行け!」ときつい言葉ばかり言われました。まさかの校内いじめ事件ですよね。そういう原因で、最初のAクラスの生活で、私は毎日落ち込んでいました。

 そんなある日、天使が来ました。山口天使(=担任の先生)です。天使が言いました。

 「張さん、どうしたの?何があったの?」
 「先生、私はクラスメートに不器用と言われました。」
 「え?どうして?」
 「分かりません。多分私の日本語が下手ですから、話す時よく間違った言葉を使ってしまいました。
  そのため、クラスメートに嫌がられました。」
 「え?私はそう思わないよ。実はみんなは張さんに頑張ってくださいと言っているよ」

 その瞬間、私はとっさに悟りました。そうですね、ニックネームも本名と同じ、使う人に対して作る人の思いが含まれます。また、「友達は自分の鏡」という言葉もあります。自分が見えない間違ったところは、友達からよく見えます。だから、友達が不器用と言う時、実は「張さん、さっきの言葉間違ったよ。早く直して覚えて器用になってください」と言いたいです。

 そういうことが分かりましたから、今の私は毎日Aクラスで、クラスメートと一緒に楽しんで日本語を勉強しています。そして、今後もし「お名前は?」と聞かれたら、私も笑いながら次の自己紹介を話せます。

「私は張仕穎と申します。今はJET日本語学校で日本語を勉強しています。しかし、よく間違った言葉を使ってしまったので、友達に不器用とのニックネームを言われました。でも、私は正しい日本語を身に付けたいです。もし間違ったところがあったら、是非教えてください。」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード