FC2ブログ
  JET日本語学校公式ホームページ(to Official Page) / ブログのトップページ(to Blog Top Page)

Google Translate:  한국어로 표시 /  中國語翻驛 /  Translate to English

やりすぎって本当に悪いこと?

「2014 JET日本語学校 スピーチコンテスト 努力賞」


続きを読む

2014年度後期入学式

2014年10月2日、入学式が行われました。

141002-11.jpg

続きを読む

第20回JET日本語学校スピーチ大会

2014年7月31日、第20回JET日本語学校スピーチ大会が開かれました。

140731-01.jpg

続きを読む

葛飾納涼花火大会!

2014年7月22日、みんなで浴衣に着替えて葛飾納涼花火大会に行きました。
去年の花火大会は急な雨で中止になってしまいました。 →去年の様子
しかし今年はよく晴れていて絶好の花火日和でした。

浴衣の着付けをしました。
140722-01.jpg 140722-04.jpg 140722-03.jpg
140722-02.jpg 140722-06.jpg 140722-05.jpg

柴又駅に到着したらたくさんの人でにぎわっていました。
140722-08.jpg 140722-10.jpg 140722-09.jpg
140722-11.jpg 140722-12.jpg 140722-19.jpg

140722-13.jpg 140722-14.jpg 140722-20.jpg

学校のカメラで撮った花火の写真です。花火の写真をきれいに撮るのはむずかしいですね。
140722-18.jpg 140722-17.jpg 140722-16.jpg
140722-16.jpg 140722-15.jpg

学生が撮った花火の写真です。とてもきれいです。どうすればきれいに撮れるのでしょうか?
140722-29.jpg 140722-30.jpg 140722-27.jpg 140722-28.jpg 140722-26.jpg
140722-24.jpg 140722-22.jpg 140722-25.jpg 140722-23.jpg 140722-21.jpg

N1合格的路

N1合格的路 Natasha Iman(馬来西亜)

從あいうえお開始
在JET開始學習日文是在2012年的春天。雖然也不是不會說日文,但是很長的會話對自己來說覺得非常吃力,聽不懂的日文有很多,想說的事情也沒辦法表達清楚。開始的分班考試,我就在最初級的班級F班,從平假名的あいうえお開始重新學習日文。

偷聽日文日常對話來學習
進入F班以後,我報名了日本語能力試驗(JLPT)N4的考試,離考試當天只有短短的三個月,在這之前要想盡辦法提升自己的日文程度才行,把以前看美劇、韓劇的習慣改成收看日本的電視節目、日劇。在家的時候,至少花一小時來收看日本節目。還有,連在餐廳點餐都不行的我,為了提升日文會話,想了很多的辦法。像是一個人在外面吃飯的時候,聽著周圍日本人的對話,注意他們都是怎麼點餐,在生活當中,實際地和店員或老師們練習會話。而7月的N4也通過了。

從適合小學生的書開始讀
下個學期開始,我進入了中級班,繼續以JLPTN3為目標報名了考試。這時新的同班同學們都是為了進入專門學校就讀。大部份的人都是努力以JLPT N2為目標。對我來說,N3程度的日文不知道的事情還有很多,為了扎實自己的日文,還是沒有和同學們一樣以N2為目標。回想起來,自從進入中級班以後,有著許多不甘心的回憶,N2程度的閱讀測驗裡看不懂的漢字越來越多,這時的我對於中文是母語的同班同學們感到稍稍的嫉妒。為此,我到二手書店買了20多冊小學生的讀物,以每天一本的速度讀完。

腦中想的都是漢字
2013年3月從日本語基礎班畢業,沒返鄉的我在學校度過了我的春假。這個時候的我,在進入升學班以前,以N2為目標,每天在學校練習題目和模擬考。在準備的途中,發現自己以前在中級班學過的漢字不會寫,所以在之後的練習,考古題出現的漢字,只要是不會念、不會寫的漢字全部利用電子辭典查讀音,抄成筆記,反覆地練習漢字。終於在不久之後的N2模擬考合格,N3程度左右的漢字也會寫了。

終於N1合格了
春假結束以後,新學期的第一天,在升學班的學生們就已經第一次接受日本留學試驗(EJU)的模擬考,還記得20題當中只對6題,對速讀還不是很拿手的我,結果讓我受到很大的挫折。認真地檢討自己,雖然在6月前已進入漢字的第二班,但還需要拼命地學漢字,要不然是無法進入早稻田大學就讀的。從那時候開始,每天寫學校發的新聞還有『天声人語』的文章,漢字有不懂的就查好他的讀音,不止如此,我還找了政治相關的教科書及福澤諭吉的『学問のすゝめ』、村上春樹的短文等等來閱讀,比自己的實力更難的書買來繼續閱讀,一邊努力到最後大概買了20本書左右來讀。在不知不覺當中,已經可以閱讀N1程度的文章,也以139分的成績N1合格。N1的學習雖然辛苦,但在學校裡完成了對EJU的學習,在家裡讀小說,利用學校發的文法講義,熱衷地學習N1。

在和大學生的交流會當中有了自信
在JET的期間,感到最有趣的事情是,學到很多課本不會教的事情,在上課中總會介紹到在日常生活中任誰都知道的書或是音樂等等,透過這些和日本人有共鳴的地方,漸漸的可以打入日本人的生活圈,透過學校所舉辦與大學生們的交流會,終於對自己的會話能力感到自信,課外與日本人交流之前,交流會是個很好的機會來練習上課中所學到的文法來應用。

把母語從自己腦中忘記
仔細的思考了一下,果然要把自己的母語從腦中消除是件很重要的事情,而訣竅就是養成說日文,用日文的思考的習慣,當周遭的人開始用日文溝通,自己也會意識到要用日文來思考。一開始,腦中想到的事情要用日文來換句話說雖然很難,但是從初級開始有這個想法開始練習日文,對於未來流暢的日文是有絕對關係的。

每天都用日文
就因為身處在日本,每天說日文,看日文的讀物是很重要的!一開始,想要母語從腦中消除絕對不是簡單的事情。但是從初級班的我到JLPTN1合格,對自己的成長感到非常的有成就感,而這就是我在這兩年不間段的學習日文的成果。

The Road to Passing N1

The Road to Passing N1  Natasha Iman (Malaysia)

First Steps
I began studying Japanese at JET Academy from the spring 2012. At that time, I was barely able to hold basic conversations in Japanese, and had a hard time expressing myself clearly. Understanding what was spoken to me in Japanese was a difficult task and conveying what how I felt was a daily struggle. When I entered JET , I was placed in the lowest class, and had to relearn hiragana with the beginner students.

Eavesdropping As A Tool
When I entered F Class, I decided to take the N4 level of the Japanese Language Proficiency Test (JLPT). There was only three months till the exam, but I wanted to give it a go and see how far I could stretch my Japanese language abilities. I gave up on watching my treasured Korean and English drama series, and began watching Japanese television programs. I watched TV for at least an hour a day, and I tried all sorts of methods to improve my speaking proficiency. One way I accomplished this was by eavesdropping on conversations when I ate at restaurants or cafes. By listening to what people were talking about, I paid close attention to the phrases they used when placing orders and how they spoke. It was like real-time shadowing, and I immediately was able to use the phrases I heard inside and outside the classroom. July of 2012, I was able to pass the JLPT N4.

Trials and Tribulations
In my next semester, I moved to the intermediate class and set aimed to pass the level of the JLPT. Many of my classmates were taking the JLPT N2, as it was a prerequisite for entrance into vocational schools. Rather than skipping N3, I decided to continue to solidify basic grammar and reading skills before moving on. Upon entering my new class, I remember having a tough time coping with the new lessons. We began studying N2 material. I had difficulty reading passages were often used to supplement reading practice. Being in the lowest Kanji class, I wasn’t able to read most of the Chinese characters and felt inferior compared to my peers that could read the passages easily. To tackle the situation, I began reading books meant for primary school students. Also I purchased twenty books at a second-hand bookstore, finishing approximately on average a book per day.

Kanji Cram
In March 2013, I completed the Japanese Language course, and spent my entire spring break continuing on with my Japanese studies. My aim was to pass the N2 before entering the university preparation course. Most of my time was devoted to doing past exams and practice questions. This was when I first realized that I had difficulty writing the Kanji characters that I had learned in my intermediate class. To improve my Kanji writing skills, I made a list of words from the past exams and practice questions. Using the list, I memorized each Kanji along with readings and meanings as well. By June that year, I passed the JLPT N2 and was able to write Kanji characters at the N3 level.

The N1 Goal
The first day of the university preparation course, we were asked to sit for the Examination for Japanese University Admission for International Students (EJU). I was only able to answer six out of the twenty questions and was shocked by my results. Upon much reflection, I realized that I hadn't put in as I should have into studying the Kanji characters. When I entered the University Preparation course, I managed to move from the lowest Kanji class to the second highest class. However, I still felt that my Japanese language skills were inadequate and that it would be impossible to enter into Waseda University. In effort to strengthen my Kanji skills I copied articles from the newspaper articles distributed in school, looking up readings of each new characters. I also read books about Political Science, Yukichi Fukuzawa and essays by Haruki Murakami. I chose books that were higher than the level I was at, forcing myself to read actively. I continued reading and became less dependent on the dictionary and was able to read much more smoothly by the time I got around to reading the last few books. Without realizing it I was able to read the questions from the N1 paper and scoring a 139 points when I sat for it in December last year. In the midst of preparing for my university entrance exams, I barely had time to prepare for the N1 examination. To cope with the two different examinations, I split my days in half spending class time focusing on EJU preparation and time at home preparing for the JLPT.

Confidence Through Language Exchange
While I was a student at JET, I was particularly interested in Japanese than could not be learned through textbooks. In our lessons, we often had teachers talk to us about what the Japanese lifestyle, books that any Japanese person would know and about music . Knowing about these things enabled us to communicate smoothly with Japanese people as we began finding common ground between our different cultures. Furthermore, we had language exchange sessions with Japanese university students. This helped me to gain confidence when speaking to Japanese people. The language exchange sessions became a great place to try out new words and expressions that we learned in class.

Filtering Out Your Mother Tongue
After much thought, I came to realize the importance of learning how to temporarily forget my mother tongue. A way to accomplish this is by constantly speaking Japanese to the people around you and getting into the habit of thinking in Japanese as well. Training your brain to continuously think and speak in Japanese was by no means an easy task. However, getting into the routine of doing it from the beginner level will indefinitely benefit you in the long run.

Fruits of Labor
Being in able to study Japan gives you an excellent opportunity to continuously speak and read Japanese. Temporarily leaving behind your mother tongue is definitely not something easily accomplished, but getting into the routine of doing it has enabled me to pass my JLPT examinations and grow as a Japanese language learner. I believe that this is the main reason why I’ve been able to put great effort into my Japanese studies for the past two years.

N1合格までの道

今年の3月に卒業したナターシャさんの作文です。
彼女は2012年の4月に入学し、「あいうえお」から勉強を始め、最終的にはJLPTのN1に合格しました。
この作文はJET通信74号に掲載されています。


「N1合格までの道」 ナターシャ・イマン ( マレーシア )

「あいうえお」からの出発
JETに入学したのは2012年の春だった。日本語を話せなかった訳でもないが、長い会話をするのがすごく大変だった。聞き取れない事も多く、言いたい事も伝わらなかった。JETの初めてのクラス分けテストで私は一番下のFクラスに入り、ひらがなの「あ・い・う・え・お」から勉強をやりなおした。

会話を盗み聞き
Fクラスに入ってから日本語能力試験(JLPT)のN4級を受けることにした。試験までわずか3ヶ月間しかなかったが、なんとかして日本語力をのばしたかった。いったん韓流ドラマや米国のドラマを見るのを止め、日本の番組やドラマを見るようにしていた。家では毎日せめて一時間くらいテレビ番組やドラマを見た。それに、レストランで注文さえ出来なかった私が会話力をアップするために、様々な事を工夫した。一人で外食したときに、周りの日本人の会話を盗み聞きした記憶がある。日本人はどの表現を利用して注文するかなどを意識しながら聞いたのだ。現実のシャドーイングのように聞いた言葉を、実際に店員さんや学校の先生方に使ってみた。7月のJLPTのN4合格通知書が届いた。

小学生向けの本を読む
次の学期で私は中級のクラスに入り、またJLPTを目標としてN3の試験を受けた。その時新しいクラスメート達が専門学校への進学を希望していたため、ほとんどの人が一所懸命N2レベルの試験を受けた。やはり私にとってN3のレベルでも知らないことが多く、基礎を固めてから次のレベルへ上がりたかった。中級に入ってから特に記憶に残る悔しい思い出がある。N2対策として初めて様々な読解練習問題が出された。一番下の漢字クラスにいたため、読める漢字がほとんどなく、漢字圏のクラスメートに嫉妬を感じた。そこで私が古本店で日本の小学生向けの本を20冊くらい購入し、毎日一冊を読み切った。

漢字を頭に詰め込む
2013年3月、日本語の基礎科から卒業し、帰国せずに私は春休みを学校で過ごしていた。その頃、進学科に入るまでにN2のレベルを目指し、毎日学校で練習問題や模擬試験を受けたりした。N2の勉強が進むにつれて、中級のクラスで学んだ漢字が書けないことに気がついた。そこで、練習問題や模擬試験で出てきた漢字の読み方や知らない言葉の意味を、電子辞書で調べるようにした。調べた言葉をノートに写し、操り返しながら漢字や新しい語彙を頭につめ込んだ。ようやくN2の模擬試験に合格ができ、N3までの漢字も書けるようになったのだ。

ついにN1合格
春休みが終わってから、新学期初日に進学科の学生達が初めての日本留学試験(EJU)の模擬試験を受けた。そこで私は慌てしまい20問のなかで6問しか解けなかった覚えがある。速読力がまだ身についていなかった私が、その模擬試験の結果からかなりのショックを受けた。じっくりと自己分析をした末、また漢字の勉強に力を入れないと、と思った。6月まで上から2番目の漢字クラスに入っていたが、やはりこのままだと早稲田大学を受けるのに無理があると思った。そこで毎日学校で配られた新聞の記事や「天声人語」を写し、漢字の読み方などを調べるようにした。それに政治に関する教科書や福沢諭吉の『学問のすゝめ』をはじめ、村上春樹のエッセイなどを読んだ。自分の実力よりもうちょっと難しい本を選ぶのを心掛け、苦労しながら20冊程度の本を購入し読み続けた。知らないうちに、だんだんN1の文章も読めるようになって来て、無事に139点を取って合格した。忙しい受験勉強の中で、N1の勉強は辛かったがEJUの対策はしっかりと学校で終わらせた。家では小説を読み、配られた文法プリントなどを利用し、N1の勉強に熱中した。

大学生との交流会で会話に自信
JETに通っていた間に特に面白く感じたのは、教科書では勉強できないことをたくさん教わったことだった。授業では日本の生活や誰でも知っている本、音楽などの紹介がよくあった。それを学ぶことによって、日本人との共感のエリアができ、コミュニケーションのやり取りがうまくなった。それに、学校で行われた大学生との交流会を通じて、会話力に自信がついて来たのだ。学外の日本人と話す前に、交流会が練習の場になっていたので、安心して日本語の授業で学習したことを実際に活用することができた。

母国語を一旦頭から消す
よく考えてみると、やはり母国語を一旦頭から消すことが大事に違いない。母国語を頭から消すコツとして、日本語で話し日本語で考える習慣を付けることだと思う。周りに日本語で話をしてくれる人を増やし、頭で考えていることを全て意識しながら日本語で考えることがポイントだ。最初は頭にあることを日本語に入れ替えるのは大変難しいことだが、初級のときから意識しながら練習を続ければ日本語の上達につながるのだ。

毎日、日本語で!
日本にいるからこそ、毎日日本語で話し日本語で読み物を読むことが大切だと思う。最初、母国語を頭から消すのは決して簡単なことではないが、JLPTに合格したり自分の成長を実感すると達成感を感じられる。それによって私は2年間ずっと日本語の学習を頑張り続けられたのだと思う。

2014年春のフットサル大会

2014年6月1日、留学生スポーツ交流協会が主催するフットサル大会に今年も参加しました。

140601-08.jpg

続きを読む

2014年度進学者座談会

2014年5月1日と、14日に進学者座談会を行いました。

5月1日 大学院座談会
140501-2.jpg 140501-1.jpg
現在大学院で勉強しているJETの先輩方が来てくれました。
東京大学大学院情報理工学系研究科の張仕頴さん
一橋大学大学院社会学研究科の陳威志さん

在校生の質問を中心に大学院での研究テーマの見つけ方などの話題で盛り上がりました。
陳「ここにいる今年の皆さんは、いい目をしているから大丈夫だと思います。心配は大学院に入ってからの事。入ったらどうなるかを想像しながら頑張ってもらいたいです。」
張「目標を早く見つける。それに向けて頑張る。毎日楽しく生活してください。」

5月14日 学部座談会
140514-3.jpg 140514-2.jpg
今年の3月の卒業生3人が来てくれました。今の大学生活や、EJUに向けての勉強方法など、アドバイスをしてくれました。
慶應義塾大学 環境情報学部のラハユさん
早稲田大学 政治経済学部のナターシャさん
東洋大学 理工学部のチャルームさん

ラハユ「入りたい大学に入れなくても落ち込まないでください。本当に入りたくない大学にしか入れなくても前向きに友達を作って勉強で頑張ればいいと思います。」
ナターシャ「自分の気持ちを理解してくれるのは絶対一緒に苦しんだ人たちです。クラスのみんなを大事にして、頑張ってください。」
チャルーム「早くやりたいことを見つけて一生懸命やってください。」

とても有意義な座談会でした。進学科の在校生は先輩たちの言葉を糧にして頑張っていきましょう。

2014年春の遠足

2014年5月9日、葛西臨海公園へ遠足に行きました。
140509-01.jpg

続きを読む

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

JET Academy

Author:JET Academy
JET日本語学校公式ページへ

 東京都知事から学校法人の認可を受けている「正式な学校」です。文部科学大臣指定の準備教育機関校でもあり、大学や大学院進学希望者のための特別コース(進学科)もあります。進学校として高い評価を受けています。
 課外授業やホームステイなど、日本体験プログラムも数多く用意。明治大学を中心とした日本人大学生との交流も盛んです。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード